コレペティトゥアより受講曲の提案がありましたので掲載いたします。
ぜひ、ご参考になさってください。


<皇帝ティートの慈悲>
1幕より
セルヴィリアとアンニオの2重唱、
ヴィッテリアとセストの2重唱

<後宮からの誘拐または逃走>
3幕より
コンスタンツェとベルモンテの2重唱
2幕よりオスミン/ブロンデまたはオスミン/ペドリッロ

<偽の女庭師>
2幕 より 
サンドリーナとベルフィオーレ伯爵の2重唱
3幕 より
サンドリーナとベルフィオーレ伯爵の2重唱

宿泊先のご案内

受講または聴講をお考えの方に朗報です!

8月20日(火)から24日(土)までの4泊5日、下記ホテルのシングルルーム15室を確保致しました。
朝食付き、大浴場付きです。
宿泊料金のお支払いは各自現地精算となります。

1泊朝食付き 禁煙シングルルーム 6,700円(1泊あたりの料金です。4泊の場合は26,800円となります。)

アルモントホテル仙台
仙台市青葉区中央3-4-10 JR仙台駅西口より徒歩約5分
TEL 022-212-6551
https://www.almont.jp/sendai/


ご希望の方は、受講または聴講の種別とご希望の宿泊日をsendaioperaacademy@glanz.clubまでお知らせください。

受講を希望される方は以下の書類を準備の上、仙台オペラアカデミーまで、メールでお申し込み下さい。


1.写真付きの履歴書
2.声楽の先生の師事歴
3.舞台歴

履歴書の書式は、一般的な書式が望ましいですが、難しい場合はそうでなくても構いません。
(ダウンロード可能な履歴書のテンプレートは検索出来ます。参考サイト1 参考サイト2 参考サイト3
エクセルなどのファイルでも、スキャンしたものでも、どちらでも構いません。


書類をデータに出来ない場合は、メールでその旨、お申し出下さい。

受講曲について(補足)

受講曲について
の補足です。

モーツァルトのオペラからの重唱を推奨していますが、具体的な例を少し挙げておきます。

《フィガロの結婚》

1幕から
スザンナとフィガロの二重唱
スザンナとマルチェッリーナの二重唱

2幕から
スザンナ、伯爵夫人、伯爵の三重唱
フィナーレ冒頭、スザンナ、伯爵夫人、伯爵、フィガロの四重唱
(もしくは伯爵夫人と伯爵の二重唱、スザンナ、伯爵夫人、伯爵の三重唱)

3幕から
スザンナと伯爵の二重唱
スザンナと伯爵夫人の二重唱

4幕
フィナーレから、スザンナ、フィガロの二重唱


《ドン・ジョヴァンニ》

1幕から
ドンナ・アンナ、ドン・オッターヴィオの二重唱
ツェルリーナ、ドン・ジョヴァンニの二重唱


《コシ・ファン・トゥッテ》

1幕から
フィオルディリージ、ドラベッラの二重唱

2幕から
フィオルディリージ、ドラベッラの二重唱
ドラベッラ、グリエルモの二重唱
フィオルディリージ、フェランドの二重唱


《魔笛》

1幕から
パミーナ、パパゲーノの二重唱

2幕から
パパゲーナ、パパゲーノの二重唱

☆ドイツ宮廷歌手小森輝彦による実践型ワークショップの集大成として試演会を開催いたします。
音楽稽古と立ち稽古を積み重ねた受講生たちの4日間の成果をぜひお聴きください。

8月24日(土) 13:00~
会場:日立システムズホール仙台 交流ホール
料金:1,200円(学割800円)

入場をご希望の方は、こちらのページからお申し込み下さい。
学生の方は申し込みの際に学生券希望とお知らせいただき、当日受付にて学生証をご提示ください。

日 時:8/25(日)  14:00-15:00 ドイツ語発音講座
         15:00-15:40 試しに歌ってみよう!
         15:40-16:10 休憩&ワインブレイク
         16:10-16:50 小森輝彦ミニコンサート
会 場:アートスペース リュミエール 仙台市青葉区国分町1-1-11 スズキビル3F
参加費:5,000円(配布資料&ワインブレイク代含む)
定 員:40名
講 師:小森輝彦
ピアノ:堀内由起子

ベートーヴェン第九《合唱》のドイツ語発音を中心にした講座です。
ドイツの歌劇場を専属歌手として12年間牽引し、日本人初「ドイツ宮廷歌手」の
称号を持つバリトン歌手小森輝彦から第九のドイツ語を学んでみませんか?
講座のあとは「ドイツのスパークリングワインと一口おつまみ」でちょっとブレイク
(ソフトドリンクもご用意します)。
ゆったり気分で小森輝彦のミニコンサートをお楽しみください!
*小規模の会場のため椅子に限りがあり、定員40名となります。

参加をご希望の方は、こちらからお問い合わせください。

☆音楽稽古、立ち稽古を通してスキルアップした歌と演技、その成果を携えて、試演会という「舞台」へ!

ドイツの歌劇場を専属歌手として12年間牽引した日本人バリトン、小森輝彦が開催する集中ワークショップです。
オペラの現場ですぐに活かせる技術を磨きましょう!


【講師】

小森輝彦(バリトン歌手・仙台オペラアカデミー代表)
堀内由起子(コレペティトア)


【音楽稽古】

8月20日(火) 13:30-17:00, 18:00-21:00
21日(水) 14:00-17:00, 18:00-21:00
会場:ピアノサロン ルフラン・サフラン


【立ち稽古】

8月22日(木) 14:00-17:00, 18:00-21:00
23日(金) 14:00-17:00, 18:00-21:00
会場:日立システムズホール仙台 練習室4


【ゲネプロ&試演会】8月24日(土) 午後

演目はモーツァルトのオペラからの抜粋で重唱を中心に
会場:日立システムズホール仙台 交流ホール

《コンセプト》

1. イタリア語、ドイツ語、フランス語、日本語などの舞台語としての発音を磨く
2. より力強く響き、聴衆の心に届く歌声を磨く
3. 歌唱と演技の有機的な連携、歌を助ける演技、演技を助ける歌を磨く


〈小森輝彦 Teruhiko KOMORI〉
東京芸術大学音楽学部声楽科、同大学院音楽研究科オペラ専攻、文化庁オペラ研修所を経て、文化庁在外芸術家派遣研究員として2年間ドイツのベルリン芸術大学に学ぶ。
東京音楽大学教授、東京二期会幹事および会員、二期会オペラ研修所本科クラス主任。
2012年までの12年間、ドイツ・テューリンゲン州のアルテンブルク・ゲラ劇場において専属第一バリトンを務める。2011年4月に日本人として初めて「ドイツ宮廷歌手」の称号を授与される。
〜音楽による復興センターとの繋がり、山形交響楽団との「さまよえるオランダ人」、仙台でのオペラ「遠い帆」の支倉常長、岩手でのレクイエムや講座などを通じて、東北との縁は僕にとってかけがえのないものとして育ち続けています。輝かしい声の出し方、説得力のある言葉の扱い、聴衆の心を掴む演技、何より「オペラ」として機能する、歌を助ける言葉と演技のメソッドを、この土地の皆さんにお伝えしたいと思っています。是非ご参加ください。〜


〈堀内由起子 Yukiko HORIUCHI〉
国立音楽大学音楽教育専攻卒。2001年渡独。ワイマール・リスト音楽大学指揮科オペラ・コレペティツィオン(指導伴奏法)専攻ディプロマ取得、同上級科修了。ワイマール、アルテンブルク・ゲラ他の劇場コレペティトア、リスト音楽大学オペラ・リート研究科講師等を経て2016年8月帰国。ピアノ奏者として演奏、コレペティ、合唱指導、ドイツ語の指導等、幅広い活動を続けている。
〜音楽作り・役作りをピアノから応援、サポートします。ご一緒できるのを楽しみにしています。〜

【募集要項】

《受講生》
(15名程度。申込多数の場合は選考があります。)
申込期間:2019年4月1日(月)〜6月30日(日)問い合わせ多数のため締切を延長しました。
仙台オペラアカデミーまでメールでお申し込みください。メールアドレスはこちらをご覧下さい。
応募書類、曲目についてはアカデミーホームページをご参照ください。
受講料:45,000円


《聴講生》

(各日30名程度。先着お申し込み順)
聴講生の立場からオペラの勉強をしたい方、自分は歌う側ではなくてもオペラやオペラの稽古に興味が
ある方は、この機会にご参加ください。
1日券 3,000円(学割2,500円)  4日間通し券 10,000円(学割8,000円)
聴講希望の旨、仙台オペラアカデミーまでメールでお申し込みください。


【試演会 8月24日(土)】

入場をご希望の方は、仙台オペラアカデミーまでメールでお申し込みください。
ワークショップの際にもお申し込みいただけます。


【各会場へのアクセス】

ピアノサロン ルフラン・サフラン
仙台市青葉区中央2-9-7 アーバンブリッジビル1階
仙台市営地下鉄南北線「広瀬通駅」下車徒歩2分

日立システムズホール仙台
仙台市青葉区旭が丘3-27-5
仙台市営地下鉄南北線「旭ヶ丘駅」下車徒歩3分

主催 仙台オペラアカデミー  公益財団法人仙台市市民文化事業団    
協力 一般社団法人仙台オペラ協会
      
《お問い合わせ》

ワークショップチラシ2019

表02.jpg裏01.jpg

受講曲について2019

第一回目となる今回は、基本的にモーツァルトのオペラからの重唱を課題とします。
モーツァルトのオペラの二重唱、および三重唱から希望曲を3曲〜5曲提出してください。
モーツァルトのオペラ以外の曲をご希望の方はご相談ください。ただし、この場合も二重唱か三重唱を対象にします。

テノールとバリトンが一人ずつ、助演として授業と試演会でサポートします。
女性同士の重唱は、受講生同士で組んでいただくことになりますので、受講希望者同士で組んで希望を出していただくことも可能です。ただし、受講希望者が多い場合は選抜をすることになり、ご希望に添えない場合がございますのでご了承ください。